研究室紹介

放電・レーザ研究室

光エレクトロニクス技術を用いた社会貢献を目指して(鈴木/胡桃)

私たちの研究室では、レーザや集束イオンビームで新種のマイクロ/ナノデバイスの創製をしています。放電プラズマ現象を用いて高機能性デバイスやバイオマテリアルについて研究しています。

究極のマテリアル"カーボン" カーボンは結晶構造によって電気特性が多様に変化し、ダイヤモンドが絶縁体、グラファイトが導体とよく知られています。ダイヤモンドとグラファイトが混合したダイヤモンドライクカーボンとグラファイトが円筒状になったカーボンナノチューブを、集束イオンビーム装置によって微細加工して、カーボンナノ・マイクロ回路を創製しています。

さわれるプラズマ"フレッシュプラズマ" プラズマは低真空中で発生させることが一般的で、高い熱エネルギーを所持しますが、大気圧中で直接さわれるフレッシュプラズマ装置を作成しました。フレッシュプラズマをバイオマテリアルに照射して生体硬組織の重合やバイオフィルムの除去をしています。

ダイヤモンドライクカーボンのナノ・マイクロデバイス創製

ダイヤモンドライクカーボンのナノ・マイクロデバイス創製

フレッシュプラズマ装置

フレッシュプラズマ装置

新規機能性材料の創出とナノスケール科学技術の探求(松田)

われわれの生活は、さまざまな物質・材料に囲まれています。それらは周期律表にある、いくつかの元素の組み合わせから成り立っていますが、その多様性は汲み尽くせない不思議と興味深い現象に満ちています。例えば、磁石になるような磁性材料や、超伝導現象を示す物質などがその一例です。

私たちの研究室では、真空技術やプラズマ技術、放電・レーザー加工技術などを用いて、新しい機能や性質を示す物質・材料の創出、およびその原理を解明することを目指して研究を行っています。

また、ナノテクノロジーという微細加工技術を応用し、大きさが10万分の1メートル程度の微細な構造物を作ることにも興味をもって取り組んでいます。

材料を高温に加熱する実験装置

材料を高温に加熱する実験装置

表面弾性波の衝突現象に関するシミュレーション

表面弾性波の衝突現象に関するシミュレーション