先輩からのメッセージ

  • HOME»
  • 先輩からのメッセージ

OB/OGからのメッセージ

いま「日本のセキュリティ」をつくっています。私の仕事の源が理工学部です。

柳本 聖月さん

凸版印刷株式会社
2010年度卒業、2012年度修了

いま世界中には、偽造・模造されたもの、つまりニセモノが溢れています。紙幣やパスポート、ID証明書をはじめとして、さまざまな企業のブランドや製品をその脅威から守る技術を、「セキュリティ技術」といいます。例えば、紙幣やカードの表面に印刷されているきらきら光るホログラムは、その技術のひとつです。

入社してから、日本郵便株式会社の星の物語シリーズなどの特殊切手のホログラム開発や、最近では、新技術を用いた新しいホログラムを開発してゴルフ用品のラベルに応用するなど、幅広い商品開発をしてきました。ニセモノが多発している領域で、何よりも開発のスピードとアイデア力は不可欠です。入社してまだ5年目ですが、最近は「ホログラムといえば柳本」と評価されるようになり、要素技術、商品開発、製造設計の主担当や新プロジェクトを任されるようにもなりました。

私の基礎をつくってくれたのが、理工学部です。実験レポートは手書きが必須で、安易なコピーはできず、膨大な資料から自分の意見をいかに効率よく的確にまとめるかというテクニックを学びました。学部から大学院までを通して、電気工学科の授業で徹底的に教えていただいた成果達成のための研究プロセスは、社会のモノづくりの基本であり、現職の仕事の進め方に活きています。大学院時代は自分の研究テーマに深く取り組んで、その成果を学会で発表するばかりでなく、後輩に対して年間の研究計画や目標の立て方等を指導し、それを共有して実行するという、計画的行動力を身につけられたことがいま大変役立っています。

また、「ホウ・レン・ソウ」(報告・連絡・相談)という、社会においては基本でありながら身につけにくい仕事のルールや、後輩を楽しくやる気にさせる指導力と協調性も学ぶことができました。理工学部での学びは、日本のセキュリティ技術を開発する仕事上の財産であり、私の源だと思っています。

  • ホログラムを使用したシール切手
  • フィルター潜像+色消失ホログラム

すそ野の広い知識を身につけた技術者になりたい

朝比奈 亜弓さん

株式会社東芝
2011年卒業、2016年修了

日本大学理工学部には、大学院進学者を対象とした早期卒業制度があります。私はこの制度を利用して、大学を3年で卒業し大学院に進学しました。早期卒業希望者は、2年生では2・3年生の授業を、3年生では3・4年生の授業を受け、4年生の先輩方に交じって3年生で研究室に入り、卒業研究を行い、卒業論文を提出します。受講する科目数が多くなるうえ、良い成績を取らなければならないので、ものすごく大変でした。でも、大学院に行きたいと思っていたのと自分の学習の目標づけの意味でトライしました。結局、同学年で早期卒業できたのは私一人だったので、第一期かつ第一号の早期卒業者になりました。

私は数学が好きで、数学を使ってものづくりをしたいと思い電気工学科を選び、そして大学で得た知識を生かしてものづくりをしようと、メーカー技術者をめざしました。現在は、東芝で電波センサに関する製品を開発する部署に所属しています。いま私が携わっている製品で担当しているのは信号処理の設計で、大きなシステムの中の一機能ですが、自分で考えたアルゴリズムが実装され製品になります。自分の考えたとおりに動いているのを見ると、感慨深いものがあります。この機能については自分の専門分野として確立してきましたが、一機能だけでは製品として成り立ちません。周辺のシステムについても理解し、プロフェッショナルでありながらゼネラリストでもある、すそ野の広い知識を身につけた技術者になりたいです。

理工学部電気工学科は、電気に関するあらゆることを学べる学科です。入学してから自分のやりたいことを探そうと思っている人には最適で、電気の基礎を一通り学べるので応用がききます。また実験科目が多く、毎週いろいろな実験をしてそのレポートを提出します。調べなくてはならないことがたくさんあり大変でしたが、大変な分やりがいがあり面白かったです。自分の苦手な分野や「これは将来使わないだろう」と思う分野の科目もありますが、いざ社会に出てみると「授業で習っておいて良かった」と思える状況が来ます。幅広く勉強したことが実際に役立っているので、理工学部電気工学科で学んで本当に良かったと思っています。

  • 固体化気象レーダ
  • 表示画面

氏家 芽久美(旧姓 野本)さん

株式会社東芝
2007年卒業

発電に関する測定システムの設計に従事しています。学生時代は自然エネルギー(潮流発電、風力発電)の研究をしていて、とにかく「今しかできないこと」「経験を積もう」と、積極的に学内外の研究発表に力を入れていました。

社会人になって思うことは、学生時代以上に自分の意見を求められるということです。経験の有無は関係なく、大小さまざまな会議や打ち合わせで自分の意見を述べます。そしてそれらが間違っていると、諸先輩方から諭されるように厳しいコメントをいただくことがあります。だからと臆して自分を主張することができないのは嫌で、吸収して次により良い意見を言えるようになりたいと思えるのは、学生時代の発表経験があったからだと常々感じています。

泉水 彩乃さん

株式会社東芝
2012年卒業

私は現在、地熱発電の電気設計の仕事をしています。学生時代は超音波工学が専門であり、今の仕事に直接生かせる分野ではないので、就職時にはとても不安でした。しかし、社会人となった今、
学生時代に培った知識はもちろんのこと、研究から学んださまざまな能力を生かすことができていると感じています。また、ご指導を受けた先生方はどのような質問にも懇切丁寧に応えてくださり、
社会人になった今でもお世話になっています。
私は大学時代、専門の勉強以外にも学芸員の資格にチャレンジしました。資格取得後、大学併設の博物館相当施設で活動できたことは、私にとって貴重な体験となりました。この資格を取れる理系の大学は少ないそうで、工学以外の知識も多く学べる日本大学理工学部は、とても魅力的だと思います。いろいろなことに興味を持って楽しい大学生活を送ってください。