就職・進学

  • HOME»
  • 就職・進学

進路・就職情報

高い求人率、幅広い分野で活躍する先輩達

電気工学科の卒業生は大学院進学の他、電気・電子メーカ、情報・通信会社、電力・エネルギー会社をはじめ、機械、自動車、放送、輸送、建設、化学、食品、印刷などの会社、国家、地方公務員、教員など、きわめて広範囲の分野で活躍しています。本学科に対する求人は大変多く、就職率はバツグンです。

電気工学科の進路状況

2016年度

進路人数
建設・設備
(株)日立プラントサービス1
(株)きんでん1
日本鉄道電気設計(株)1
(株)関電工8
鹿島建設(株)1
八千代電設工業(株)1
(株)大林組1
日本電技(株)2
沖ウィンテック(株)1
NECネッツエスアイ(株)1
日本電設工業(株)3
五洋建設(株)1
東日本電気エンジニアリング(株)1
(株)東京エネシス1
六興電気(株)1
住友電設(株)1
(株)キクチ1
戸田建設(株)1
(有)阿世知工業(9/30)1
新生テクノス(株)1
(株)森村設計1
東電タウンプランニング(株)1
電気技術開発(株)1
パナソニックESエンジニアリング(株)2
三菱電機プラントエンジニアリング(株)1
三井不動産ファシリティーズ(株)1
三菱電機ビルテクノサービス(株)1
東急ファシリティサービス(株)1
東電設計(株)1
電気・電子機器,精密機器,機械
(株)イワキ1
NTN(株)1
ローレルバンクマシン(株)2
(株)トアック1
ミクロ電子(株)1
富士電機(株)1
池上通信機(株)1
矢崎総業(株)2
(株)東光高岳1
NECネットワーク・センサ(株)1
長野日本無線(株)1
(株)タムラ製作所1
中央電子(株)1
(株)明電舎1
ホーチキ(株)2
パイオニア(株)1
リオン(株)1
(株)勝亦電機製作所1
(株)カイジョー1
新電元工業(株)1
日本電子(株)1
セイコーインスツル(株)1
オンキョー(株)1
(株)日立産機システム2
八洲電機(株)1
丸文(株)1
光商工(株)1
(株)モデュレックス1
(株)フィリップス エレクトロニクス ジャパン1
REVSONIC(株)1
進路人数
自動車
本田技研工業(株)1
スズキ(株)2
ダイハツ工業(株)1
鉄道
西武鉄道(株)1
東京地下鉄(株)1
東日本旅客鉄道(株)4
東海旅客鉄道(株)2
電気・ガス
東京電力(株)2
(一財)日本ガス機器検査協会1
情報通信
富士通(株)2
さくら情報システム(株)1
(株)NTTデータアイ1
富士通エフ・アイ・ピー(株)1
パナソニックITS(株)1
(株)URシステムズ1
(株)システナ2
(株)エイチーム1
(株)ワールドシステムコンサルタント1
大興電子通信(株)1
ネットワンシステムズ(株)1
日本タタ・コンサルタンシー・サービシズ(株)1
(株)エヌ・ティ・ティ エムイー(NTT-ME)1
ソフトウェア
(株)フィールド1
(株)SKB1
エンジニアリング,卸売,総合
トーテックアメニティ(株)1
(株)ビックカメラ(9/30)1
(株)メイテック1
(株)ワールドコーポレーション1
(株)VSN1
(株)テクノプロ1
高砂丸誠エンジニアリングサービス(株)1
浜友観光(株)1
公務
国土交通省(公務員)1
防衛省(公務員)1
東京都庁(公務員)1
千葉県庁(公務員)4
国家公務員一般職(外務省在外公館課営繕室)1
千葉市役所(公務員)1
横浜市役所(公務員)1
大学院
日本大学大学院理工学研究科38
電気通信大学大学院(進学)1

日本大学大学院理工学研究科電気工学専攻

新しい領域を開拓し、卓越した研究体制を持つ大学院

大学院生が企業の研究開発部門に就職する割合は、年々増しています。これは現在の高度情報化社会における技術開発の成果が、人々の日常生活に深く入り込んでいるからです。学部から大学院までの6年間を通して、高度な専門能力とその基礎となる豊かな学識を養い,独自に考え実行する力を養うことができます。電気工学は、先端産業の基盤技術であること、進歩の極めて早い技術的変革に柔軟に対応できる厚い基盤に支えられ、電気工学との関わりのない分野は皆無です。電気工学専攻では、電力・エネルギー、波動信号処理、光信号処理、計測・光環境デザイン、光エレクトロニクス、放電・レーザ、光通信・情報伝送、音響・超音波、応用音響、情報システム、ヒューマンインタフェース、コンピュータビジョンなどさまざまな専門的立場から教育・研究を行います。国内外学会や国際会議での発表や企業との共同研究による連携の場で研鑽を積んだ若いエンジニアに対する社会的評価は高く、就職率はほぼ100%です。

電気工学専攻の進路状況

2016年度

進路人数
建設・設備
東芝プラントシステム(株)1
(株)大林組2
三機工業(株)1
パナソニックシステムネットワークス(株)1
(株)NTTファシリティーズ1
電気・電子機器,精密機器,機械
(株)ジェイテクト1
ミネベア(株)1
富士通(株)2
日本ケミコン(株)1
NECエンジニアリング(株)1
(株)日立製作所1
沖電気工業(株)2
リオン(株)1
三菱電機(株)4
(株)京三製作所1
矢崎総業(株)1
富士電機(株)1
(株)島津製作所1
進路人数
自動車
トヨタ自動車(株)1
本田技研工業(株)1
スズキ(株)1
富士重工業(株)1
いすゞ自動車(株)1
電気・ガス
東京電力(株)1
情報通信
ユニアデックス(株)1
(株)日立産業制御ソリューションズ1
印刷
共同印刷(株)1
凸版印刷(株)1
大日本印刷(株)1
オフィス機器
ぺんてる(株)1
化学
昭和電工(株)1
ソフトウェア
(株)ハイシンクジャパン1

卒業生メッセージ [2016年度]

  • 佐藤 諒

    (株)大林組

    世界の至る所で必要な電気について学ぶことで、どんな仕事にでも就けると思い、電気工学科に進学しました。就職した大林組では、電気工学科で学んだことを生かし、社会活動の基盤となる建物を造っていきます。

  • 寒川 弘一

    (株)大林組

    私は学部と大学院の6年間の大学生活で、電気工学の基礎知識を学ぶことができました。また、研究や学会発表などに取り組んだことで物事の進め方や考え方、問題に対して自ら解決する力も養うことができました。この経験を就職先でも生かしていきたいと思います。

  • 紀平 悠史

    (株)大林組

    高校ではやってないことをやろうと思い電気工学科への入学を決めました。大林組は、通学の際に使っていた東京駅の中央線で大規模な改装工事を行っており、そこで働くエンジニアの方々が華やかで惹かれました。本学科で習得した幅広い電気技術を生かし、日々の生活にかかわれる仕事をしたいと思い就職を決めました。

  • 岡村 泰成

    鹿島建設(株)

    電気工学科は幅広い就職先、電気工学に関しての幅広い知識が学べるという選択肢の多さに惹かれ本学科に進学しました。父が建築設備の仕事をしている影響から私も就職先はゼネコンに決めました。大学で培った知識を生かして、多くの人々に喜ばれる建物を世に残していきたいと思います。

  • 井上 友多伽

    (株)きんでん

    就職先として多くの選択肢があるのが電気工学科の魅力であり強さであると感じています。私は、総合設備業界に就職を決め「将来的に大きな施工事業を任されたい」と具体的な目標を持つこともできました。今後、4年間で学んだ知識を生かし何事にも挑戦し続け努力したいと考えています。

  • 鈴木 聡太郎

    富士通(株)

    学科で学んだ情報技術の分野を研究を通じてさらに探求したいと思い、大学院へ進学しました。大学院では、教育分野へのICT利活用に関する研究に従事しました。ICTを通じて国内外の多くの人々に貢献することが目標です。

  • 石井 洸平

    富士通(株)

    ICTはあらゆるものをネットワークにつなげることができ、新しい価値や可能性を生み出すことができます。そのような先進技術を用いて、快適で安心なネットワーク社会づくりをしたいと思い、富士通への入社を決めました。

  • 安盛 貴之

    三菱電機(株)

    大学院では移動ロボットの開発と研究を通して回路設計やプログラミング、センサ、制御などのさまざまな専門分野を深く学びました。これらの知識や経験を生かし、将来は三菱電機で宇宙ロボットを開発したいと考えています。

  • 藤原 甫

    沖電気工業(株)

    私は、通信の分野から社会インフラを支えたいと思い、就職活動を行いました。その中でも、沖電気工業は社会システム・メカトロニクス・通信システム事業などの複数の事業を展開して、製品開発している点に大きな魅力を感じ、入社を決めました。

  • 川野 嵩史

    沖電気工業(株)

    電気工学科では電気だけでなく情報や音響、光など幅広く学ぶことができます。きっとその中で皆さんが興味をもてることが見つけられると思います。私自身、短大・学部と大学院の6年間で「人々の生活を裏方として支えたい」と考え、いろいろな形で社会に貢献できる沖電気工業(株)を就職先として決めました。

  • 佐藤 裕尚

    (株)島津製作所

    私の就職先は分析・計測機器メーカーです。高精度な分析機器を世界中のさまざまな研究施設に提供し、世の中の技術の発展を支えています。電気工学の知識を生かして科学技術で社会に貢献できると考え、入社を決めました。

  • 及川 亮太

    セイコーインスツル(株)

    私には将来、どんな職に就きたいか? いわゆる「夢」がありませんでした。そこで選んだのが電気工学科です。今や世界は電気で動いているといっても過言ではありません。電気を学べばどんな業界にも就けるだろうと考えました。事実、大学では弱電から強電まで幅広い分野を学ぶことができました。また私の就職先であるセイコーインスツルは時計会社で、機械が華の業界です。そんな業界でも就職することが可能です。

  • 倉島 慶子

    パナソニックESエンジニアリング(株)

    昔から音に興味があったので、音響工学を学ぶために短期大学部から電気工学科に編入しました。電気について学んでいくうち、あらゆる分野への関心が高まり、建築設備・内装、それらの省エネルギーシステムのデザイン等を手掛ける企業でエンジニアとして働くことにしました。

  • 菅原 拓真

    東海旅客鉄道(株)

    電気は、私たちの日常で欠かすことのできないものだと思っています。同時に鉄道業も私たちの日常から切り離すことのできないものだと感じました。本学科で学ぶ中で、そのような日常を守る仕事に就きたいと考えるようになり、鉄道業を志望しました。

  • 廣瀬 雄一

    東海旅客鉄道(株)

    個人的に鉄道に乗ることが好きだったので、鉄道会社を中心に就職活動を行っていました。その中で東海旅客鉄道は東海道新幹線といった日本の大動脈を支えているので、自分の力を日本のために生かしたいと思い、入社を決めました。

  • 佐藤 匠

    東日本旅客鉄道(株)

    電気にかかわる広い分野を学べることから、電気工学科を選びました。私の就職先は鉄道会社です。会社では電気工学科で学んだことを生かし、安心・安全な輸送に貢献したいと思っています。皆さんも夢を目指して頑張って下さい。

  • 横溝 一

    東日本旅客鉄道(株)

    電気工学科を志望した理由は就職に強いという理由だけでしたが、電気について学んでみると次第に電気について興味を持ち、その学んだ知識で人々の役に立てる仕事をしたいと思うようになりました。その中でも身近でなじみのある東日本旅客鉄道(株)に就職しました。

  • 髙橋 宏輝

    東日本旅客鉄道(株)

    具体的なイメージがつきにくい電気工学という分野において、電力・情報・音響・制御などさまざまな分野を専門的に学習する中で自分のやりたいことが明確になり、公共インフラの鉄道会社で社会に貢献する電気技術者の姿を見出すことができました。

  • 小坂井 敬介

    東京地下鉄(株)

    電気という分野は幅の広さが魅力だと思います。私の就職先である鉄道会社では電車はもちろんホームドアなど、電気が必要とされる場面は多くあり、4年間学んだ知識を生かし人々が日々利用する鉄道を支えていきたいと考えています。

  • 守屋 陽央

    富士電機(株)

    私は、発電に興味があり大学院に進学しました。大学院での研究では、大型実験施設を使用でき、恵まれた環境で研究を行えました。また、研究を通し電力インフラの重要性を実感し、今後は電気機器に携わるエンジニアとして社会に貢献したいと考えています。

  • 網倉 祥太

    富士電機(株)

    私は、生活で欠かすことのできない「電気」を学んでみたいと思い電気工学科に入学しました。大学4年間は講義、実験、部活動(軟式野球部)、すべて楽しむことができました。就職活動では自分自身が将来何をやりたいか考え、自己アピールをして下さい。

  • 小日向 亮祐

    オンキョー(株)

    イヤホン好きが高じて、「音響工学」が学べることから電気工学科への入学を決意しました。そのまま音響工学について授業や研究室で学び、最後には「音」に携わる仕事へ。音楽が好きという方、電気工学科で「音」について学んでみませんか?

  • 浦上 太一

    トヨタ自動車(株)

    自動車は、今や電気がないと動かないとまでいわれています。私は、その中でも環境に配慮した自動車づくりをしたいと思い、トヨタ自動車への入社を決めました。電気工学科で学んだ知識を生かして、環境に配慮したPHV (プラグインハイブリッドカー)や燃料電池車を開発したいと思っています。

  • 興津 和弥

    本田技研工業(株)

    自動車会社の中でも、ジェット機やロボットなど多岐にわたる製品開発を行っていることに大きな魅力を感じ、志望しました。学んできた電気工学の知識を生かして、そのようなさまざまな製品づくりに携わりたいと思っています。

  • 望月 崚

    本田技研工業(株)

    電気工学は今後の技術発展を支える柱となります。自動車業界においても電動化、自動化の実現には欠かせません。電気工学科では電気工学を基礎から学ぶことができ、幅広い業界から必要とされる力をつけることができると思います

  • 岸田 航

    スズキ(株)

    学部では電気について基礎的な知識を学びました。その後大学院に進学し最先端の電気技術を学ぶことができました。その知識を国内でも屈指の産業である自動車産業で生かし産業の発展に貢献したいと考えスズキへの入社を決めました。

  • 山本 真輝

    スズキ(株)

    私たちの生活には「電気」が必要不可欠であり、その仕組みを学びたくて私は電気工学科を志望しました。電気工学科で学んだ電気・電子回路や制御工学の知識を生かした車の開発や設計を行いたくてスズキを志望しました。

  • 水科 陸

    ダイハツ工業(株)

    数多くの企業が電気工学科の人材を必要としています。私は、「電気で自動車の常識を変える」そのような思いで自動車会社を志望しました。電気工学は学問分野が幅広く、メカニカルな歴史を持つ自動車に想像もつかないような提案ができると確信しています。

  • 高薄 和史

    凸版印刷(株)

    印刷技術は、書籍などに限らずエレクトロニクス分野や生活環境分野において、新たな価値を創世しています。このような技術開発に電気工学の知識を生かして携わりたいと思い、凸版印刷に入社を決めました。

  • 和田 雅貴

    大日本印刷(株)

    私は太陽電池に興味をもち電気工学科に入学しました。大学では物性工学系の研究室を選び、自身で新しいものをつくるプロセスを学びました。今後はさまざまな分野に挑戦する大日本印刷で学んだことを生かしたいと思います。

  • 大村 健太

    東京電力(株)

    私は、人々の生活に不可欠なエネルギーである電気について学びたいと考え、電気工学科へ入学しました。講義や実験を通して電気工学におけるさまざまな分野の基礎知識を学ぶことができたと感じています。その知識を生かし電気を安定供給することによって社会基盤を支えたいと考え、電力会社を志望しました。

  • 秋月 理沙

    東京電力(株)

    私は高校生の時に震災を経験し、電気の大切さを知り電気工学科への進学を決めました。電気を勉強していく上で、電力業界に興味を持ちました。今後は電力供給の現場に携わる技術者として日本を支えていきたいです。

  • 大橋 一斗

    東京電力(株)

    私は自宅近くの川の堤防が決壊し、電気が使えない生活を経験しました。その経験から自然災害に強い電力設備の構築に挑戦したいと考え、東京電力に入社することを決意しました。皆さんも将来やりたいことは、あることがきっかけで決まると思います。その時の思いを大事にして頑張って下さい。

  • 沼尾 憲良

    国土交通省

    高校1年生の時東日本大震災を体験し、電気の重要性を感じ本学科に入りました。ここではエネルギーの他に電子・音響・情報通信など幅広い分野を学びましたが、やはり大地震対策の役に立ちたく国土交通省に進みました。ここでは情報通信の分野で防災に携わる予定です。本学科ではさまざまな分野への道が開けると思うので頑張って下さい。

  • 澤田 夕奈

    東京都庁

    電気は、機械、自動車、建物などさまざまなところで使われており、幅広い分野の基礎となると考えたのが、電気工学科を選んだ理由です。本学科の授業では電力、計測、情報工学、音響、光など多岐にわたる分野の知識を学ぶことができ、さまざまな場面で活躍できる知識を身につけることができました。さらに、実験や、実験後のレポートの作成を通してより理解、関心を深めることができました。電気の知識を生かし、地域の人々が豊かに生活していくことに貢献したいという思いから、公務員を目指しました。本学科の授業で学んだ幅広い知識と、実験などで培った継続力、正確に作業を進める姿勢を生かし、新エネルギーの普及や省エネルギー化の推進などに携わりたいと考えています。

  • 小川 晋

    千葉県庁

    私は、本学科で学んだ幅広い電気工学の知識・スキルを生かして、より良いまちづくりを行い、社会貢献をしたいと思い、公務員を目指しました。千葉県は私が生まれ育った県でもあり、故郷に貢献したいと思い入庁を決めました。

  • 植松 一騎

    千葉県庁

    私は、将来に就きたい職業について考えていませんでしたが電気工学科の幅広く学べる点に魅力を感じ、就職を考えたときに選択肢を増やすことができるのではないかと考え入学しました。電気工学を学ぶ中で電気を通して人々の生活を支えていく仕事に就きたいと思い公務員を志望しました。公務員試験は範囲が広いので、電気工学科で幅広い分野になじみがあったことが一助になってくれたと思っています。

  • 馬場 啓輔

    千葉市役所

    就職活動はつらいことや苦しいこともあると思います。私自身も方向性が見えず焦りましたが、一人で悩まず、さまざまな人の話を聞き視野を広げていくことが大切です。私は本学科で学んだ幅広い電気工学技術を生かし、公共の見える場で社会貢献ができる市役所のエンジニアを選びました。

  • 松本 大樹

    横浜市役所

    私は電気工学科で電気技術の幅広さを学びました。電気をハードからソフトまで幅広く学ぶことができ、自分の方向性を見つけることができました。就職先では電気を幅広く生かし、社会に目に見える形で貢献したいと考え、横浜市役所に就職しました。